フォーバル<8275>傘下のフォーバルテレコムが債権の取立不能または取立遅延のおそれがあると発表しました。

内容は同社の取引先であるあくびコミュニケーションズ株式会社と、その関連会社である株式会社カステラがそれぞれ破産したというもの。

ポイントはそれぞれの売掛金と未収入金の合計が25億円強もあるというもの!
直近の3Qで自己資本が30億円の会社です。。

これから会社はどうなる!?


貸借対照表も見てみましたが、貸倒引当金も大して積めていませんね。

普通に考えて、大幅な下方修正と無配のコンボがくるかと思われます。。。

立ちまわり方はどうするのが良いか


コロナウィルスの影響でもっと良い銘柄がもっと割安に売られたりオーバーシュートしてる最中ですので、ホルダーの方は今晩のPTSでも翌営業日にでもぶん投げて他の銘柄に移った方が早期にリカバリーできて賢明かなと個人的には思います(あくまで私個人的な感想で推奨してる訳ではないですが)

いずれにせよこれの影響で会社が倒れそうになっても親会社のフォーバルが何とかするとは思いますので、150円以下の株価(本日終値417円、時価総額69億円)くらいまで落ちてくることがあれば逆に新規買いなら面白いかもしれません。

シナリオの勉強で今後の為にこの件はウォッチを続けていきます。

かつてソフトバンク<9984>のメイン営業部隊だったフォーバル


失った(失う可能性のある)資産はキャッシュバックで戻せます。
組み合わせで最大10万円ゲットできますので、フォーバルテレコムホルダーで、且つ現在ソフトバンクを使っていない方はこの機会に乗り換え現金ゲットと心を一つにされると良いと思います。



【SoftBank 光】なら、フレッツ光より安い!



フォーバルが救済してくるシナリオにおいては、創業者の大久保さんの著書で予習


いくつか出ていますが、一番のオススメはこれ「決断」。
思考を予習しておけばピシャリと読みが的中することがあります、中古本だと現在140円程度ですので、秒で元が取れますよ。